【中央競馬】2024年 G1レース一覧・日程・結果

【JRA】重賞レース予想・結果 JRA News

2024年の中央競馬でのG1レースのスケジュールの他にも、優勝馬、勝利騎手、勝利調教師、勝利馬主、勝利生産者の一覧になります。2024年G1レースで記憶にも記録にも残る名馬が多く誕生します。

月日レース名競馬場コース結果優勝馬騎手調教師馬主生産者
2月18日フェブラリーステークス東京ダ1,600m結果・動画ペプチドナイル藤岡佑介武英智 (栗東)沼川一彦杵臼牧場
3月24日高松宮記念中京芝1,200m結果・動画マッドクール坂井瑠星池添学 (栗東)サンデーレーシングMoyglare Stud Farm Ltd
3月31日大阪杯阪神芝2,000m結果・動画ベラジオオペラ横山和生上村洋行 (栗東)林田祥来社台ファーム
4月7日桜花賞阪神芝1,600m結果・動画ステレンボッシュJ.モレイラ国枝栄 (美浦)吉田勝己ノーザンファーム
4月13日中山グランドジャンプ中山障4,250m
4月14日皐月賞中山芝2,000m
4月28日天皇賞(春)京都芝3,200m
5月5日NHKマイルカップ東京芝1,600m
5月12日ヴィクトリアマイル東京芝1,600m
5月19日オークス東京芝2,400m
5月26日日本ダービー東京芝2,400m
6月2日安田記念東京芝1,600m
6月23日宝塚記念京都芝2,200m
9月29日スプリンターズステークス中山芝1,200m
10月13日秋華賞京都芝2,000m
10月20日菊花賞京都芝3,000m
10月27日天皇賞(秋)東京芝2,000m
11月10日エリザベス女王杯京都芝2,200m
11月17日マイルチャンピオンシップ京都芝1,600m
11月24日ジャパンカップ東京芝2,400m
12月1日チャンピオンズカップ中京ダ1,800m
12月8日阪神ジュベナイルフィリーズ京都芝1,600m
12月15日朝日杯フューチュリティステークス京都芝1,600m
12月21日中山大障害中山障4,100m
12月22日有馬記念中山芝2,500m
12月28日ホープフルステークス中山芝2,000m

 

 

2023年の中央競馬でのG1レースのスケジュールの他にも、優勝馬、勝利騎手、勝利調教師、勝利馬主、勝利生産者の一覧になります。2023年G1レースで記憶にも記録にも残る名馬が多く誕生しました。

 

2023年 G1レース 日程・結果・勝利馬・関係者
日程レース名競馬場コース結果優勝馬騎手調教師馬主生産者
2月19日フェブラリーステークス東京ダ1600m動画・着順レモンポップ坂井瑠星田中博康 (美浦)ゴドルフィンMr. & Mrs. Oliver S. Tait
3月26日高松宮記念中京芝1200m動画・着順ファストフォース団野大成西村真幸 (栗東)安原浩司三嶋牧場
4月2日大阪杯阪神芝2000m動画・着順ジャックドール武豊藤岡健一 (栗東)前原敏行クラウン日高牧場
4月9日桜花賞阪神芝1600m動画・着順リバティアイランド川田将雅中内田充正 (栗東)サンデーレーシングノーザンファーム
4月15日中山グランドジャンプ中山障4250m動画・着順イロゴトシ黒岩悠牧田和弥 (栗東)内田玄祥本田土寿
4月16日皐月賞中山芝2000m動画・着順ソールオリエンス横山武史手塚貴久 (美浦)社台レースホース社台ファーム
4月30日天皇賞(春)京都芝3200m動画・着順ジャスティンパレスC.ルメール杉山晴紀 (栗東)三木正浩ノーザンファーム
5月7日NHKマイルカップ東京芝1600m動画・着順シャンパンカラー内田博幸田中剛 (美浦)青山洋一社台ファーム
5月14日ヴィクトリアマイル東京芝1600m動画・着順ソングライン戸崎圭太林徹 (美浦)サンデーレーシングノーザンファーム
5月21日優駿牝馬・オークス東京芝2400m動画・着順リバティアイランド川田将雅中内田充正 (栗東)サンデーレーシングノーザンファーム
5月28日東京優駿・ダービー東京芝2400m動画・着順タスティエーラD.レーン堀宣行 (美浦)キャロットファームノーザンファーム
6月4日安田記念東京芝1600m動画・着順ソングライン戸崎圭太林徹 (美浦)サンデーレーシングノーザンファーム
6月25日宝塚記念阪神芝2200m動画・着順イクイノックスC.ルメール木村哲也 (美浦)シルクレーシングノーザンファーム
10月1日スプリンターズステークス中山芝1200m動画・着順ママコチャ川田将雅池江泰寿 (栗東)金子真人ホールディングスノーザンファーム
10月15日秋華賞京都芝2000m動画・着順リバティアイランド川田将雅中内田充正 (栗東)サンデーレーシングノーザンファーム
10月22日菊花賞京都芝3000m動画・結果ドゥレッツァC.ルメール尾関知人 (美浦)キャロットファームノーザンファーム
10月29日天皇賞(秋)東京芝2000m動画・結果イクイノックスC.ルメール木村哲也 (美浦)シルクレーシングノーザンファーム
11月12日エリザベス女王杯京都芝2200m動画・結果ブレイディヴェーグC.ルメール宮田敬介 (美浦)サンデーレーシングノーザンファーム
11月19日マイルチャンピオンシップ京都芝1600m動画・結果ナミュール藤岡康太高野友和 (栗東)キャロットファームノーザンファーム
11月26日ジャパンカップ東京芝2400m動画・結果イクイノックスC.ルメール木村哲也 (美浦)シルクレーシングノーザンファーム
12月3日チャンピオンズカップ中京ダ1800m動画・結果レモンポップ坂井瑠星田中博康 (美浦)ゴドルフィンMr. & Mrs. Oliver S. Tait
12月10日阪神ジュベナイルフィリーズ阪神芝1600m動画・結果アスコリピチェーノ北村宏司黒岩陽一 (美浦)サンデーレーシングノーザンファーム
12月17日朝日杯フューチュリティステークス阪神芝1600m動画・結果ジャンタルマンタル川田将雅高野友和 (栗東)社台レースホース社台ファーム
12月23日中山大障害中山障4100mマイネルグロン石神深一青木孝文 (美浦)サラブレッドクラブ・ラフィアンビッグレッドファーム
12月24日有馬記念中山芝2500m動画・結果ドウドュース武豊友道康夫 (栗東)キーファーズノーザンファーム
12月27日ホープフルステークス中山芝2000m動画・結果レガレイラC.ルメール木村哲也 (美浦)サンデーレーシングノーザンファーム

 

G1レース以外の重賞はこちらへ

【JRA】重賞レース・日程・競馬予想・結果
2023年中央競馬の重賞レース「G1、G2、G3」の日程、予想、結果、レース動画をまとめました。レース後のジョッキーコメントもあるので、レース分析が可能。毎日競馬情報を更新中。中央競馬予想、無料馬券予想を公開、競馬予想サイト、競馬のいろは。

 

地方交流レースはこちらへ

【地方競馬】ダートグレード競走・日程・競馬予想
2023年のダートグレード競争、地方競馬での中央交流レースの日程、JRAからの出走登録馬をまとめました。そして中央交流レースも地方競馬無料競馬予想を公開させて頂きます。地方競馬予想、無料馬券予想を公開、競馬予想サイト、競馬のいろは。

 

3歳牡馬クラシック路線

 

2023年の3歳牡馬クラシック路線では皐月賞を横山武史騎手とソールオリエンスが勝利。中山競馬場の4コーナーでは絶望的な位置から驚異的な追い込みで差し切り優勝しました。レース後にはダービーも勝てるのでは?!と思うほどの衝撃的なレースでした。続く、東京優駿日本ダービーはD.レーン騎手とタスティエーラが勝利。最後の直線を皐月賞馬のソールオリエンスとの壮絶の叩き合いを制してダービー馬の栄誉を勝ち取りました。ダービーでテン乗りをした馬は勝てないと言うジンクスを見事に打ち消しました。勝利したD.レーン騎手は第90回のダービージョッキーに輝きました。3冠レースの最終関門となる菊花賞は夏の上り馬ドゥレッツァとC.ルメール騎手が勝利しました。レースではC.ルメール騎手が絶妙な騎乗センスを見せ、ダービー馬タスティエーラ、皐月賞馬ソールオリエンスを従えての勝利となりました。3頭がそれぞれ1冠づつ勝利をした結果となりました。

 

3歳牝馬クラシック路線

 

2023年の3歳牝馬クラシック路線では牝馬3冠を達成した名牝が誕生しました。その名はリバティアイランド。3歳になり2023年は桜花賞(G1)から始動を開始。桜花賞では道中後方3番手に待機しレースは進みます。4コーナーでも変わらず後方3番手の位置に、正直、簡単には届かない位置で、しかも大外に進路を取りました。リバティアイランドは直線だけで他馬をゴボウ抜き。上りは32.9と出走馬で唯一の32秒台の脚で3/4馬身差で桜花賞(G1)を制覇。着差以上に強い勝ち方でした。続く2関門目のオークス(G1)では前走の桜花賞(G1)と同様に、東京の広い直線を考えると今回も後方待機から直線で勝負することをイメージしていましたが、川田将雅騎手は後方からではなく中団前目の6番手に位置取りレースを進めました。4コーナーで直線に入ると先頭に立ち、そのまま6馬身差の圧勝でした。レース後のジョッキーカメラの音声には川田将雅騎手がリバティアイランドに「お疲れ様、お嬢さん、終わりました」、「これが東京だ、お嬢さん」、「凄い歓声だねえ。みんなが喜んでるぞ、お嬢さん」と労った。オークス後、夏は休養し、秋初戦は最後の1冠である大一番、秋華賞(G1)に挑んだ。勝てば牝馬3冠達成、単勝オッズは1.1倍と圧倒的1番人気に支持をされレースがスタートした。位置取りはオークス同様に6番手と前目に位置取り、レースは進み4コーナーでは早々と先頭を捕らえに掛かる。川田騎手にしては若干仕掛けが早いように感じたが、川田騎手は当然、これなら勝てると自信があったのからの仕掛けだと思います。最後は2着馬マスクトディーヴァが追い込むも1馬身差でゴール板を駆け抜けた。牝馬3冠は2020年のデアリングタクト以来の記録達成となりました。

 

ダートG1路線

 

2023年のJRAダートG1路線では2月のフェブラリーステークス(G1)ダート1600m、12月のチャンピオンズカップ(G1)ダート2000mをレモンポップが両レースを勝利しJRAダートG1レースを完全制覇をする結果となりました。レモンポップの鞍上は若手騎手のホープ、坂井瑠星騎手です。レモンポップとの出会いで騎手人生が変わったと思いますし、チャンピオンズカップでの騎乗は若手らしからぬ、強気な騎乗で、逃げ馬には不利のある、大外枠からスタートを決めるとハナを取りに行き、ただの逃げではなく、レモンポップとレース展開をマイペースに持ち込んだ騎乗内容は素晴らしかったです。2024年はレモンポップは海外レースにも挑戦し、更なる飛躍をしてほしいです。

 

管理人
ミー

「競馬のいろは」では毎週の競馬予想の他、競馬初心者でも競馬の楽しみ方や馬券の買い方をお伝えできるようなコンテンツを配信します。また、その他、競馬に詳しい方でも楽しめるような騎手、調教師、血統などの競馬に関しての情報配信を致しますので、宜しくお願い致します。

ミーをフォローする
JRA News
スポンサーリンク
シェアする
ミーをフォローする
タイトルとURLをコピーしました